お名前:
 メール:
 HP:
 タイトル:
 メッセージ:
 文字色:
 ファイル:
大きさ390KB以下( jpg, gif, mid, png, txt )
 パスワード:


夏休み山行 8/12越後駒ケ岳(2003m)
わちこ  
百草の池を過ぎると、きつい登りになりますが、周りの荒沢岳などに続く稜線を見ていると癒されます。今回のコース上にはありませんが、所々山の上部に雪渓が見られます。
Date: 2016/08/20/17:23:04   [2581]



夏休み山行 8/12越後駒ケ岳(2003m)
わちこ  
夏休み山行二日目は越後駒ケ岳へ。
イマイチ登山口の様子が分からなかったので、11日の夕食〜12日の昼食を、小出ICすぐの「道の駅ゆのたに」で作成。同じ様な車中泊の方はいっぱい居ましたが、どうも牛糞だか鶏糞の臭いがして、たまりません。早々に登山口の枝折峠に向かいました。もし行くなら、国道352号のみを使うより、奥只見シルバーラインを使って銀山平から入る方が楽です。野ウサギにヒヤっとさせられる事は少なくなります。
早朝5時に登山開始。素晴らしい綺麗な水洗トイレがあるので、車中泊も安心です。
朝日を狙うカメラ小僧がやけに多いと、思っていると今まで見た事のない光景に遭遇!
奥只見湖と周りの山で出来る、滝雲です。
その後は急な登りはあまりなく、かと言って平坦でもない道をひたすら進みます。コースタイムは行きも帰りも似た感じなので、ある意味帰りがツライ山行になります。
Date: 2016/08/20/17:17:10   [2580]



夏休み山行 8/11谷川岳(1963m)
わちこ  
オキノ耳から50分掛けて一ノ倉岳に着きましたが、ガスに覆われたトタン(?)製の超簡易的避難小屋と遭難碑を見ると、霊の予感しかしません。新潟側の土樽駅を出発し、この避難小屋で泊まったと言う男性に会いましたが、よくぞお一人で就寝されたなぁと関心してしまいます。ハエが多くなって来たので引き返してオキノ耳に向かうと、周りのガスはどこへやら。苗場山等が見えます。
オキノ耳に着く頃には、7時運航開始のロープウェイで上がって来た人々が休憩中。肩の小屋でトイレ休憩をして、天神尾根を天神平へ向かいます。行列に揉まれ、やっとの思いで田尻尾根口まで来て悟りました『天神尾根を舐めたらアカン』。夏は炎天下をひたすら登る事になるので、結構辛いのでは?
誰もいない田尻尾根。下山よりかは登りによく使われていそうです。根っこの上をひたすら進み、樹林帯に嫌気が差す頃、ようやく砂利道へ。ロープウェイが真上を通過するので、私に気付いた人が手を振ってくるのが面白い。段々広くなる砂利道がアスファルトになれば、立体駐車場は目の前。どうやら立体はいつの間にか満車になったらしく、数百m離れた駐車場から続々と人が道路を渡っています。人気の谷川岳。犬もロープウェイOKですよ。
Date: 2016/08/20/16:52:12   [2579]



夏休み山行 8/11谷川岳(1963m)
わちこ  
「百名山に登りたい」と、今年のお盆は関越方面へGO!先ずは谷川岳へ。
午前2時の谷川岳ロープウェイ立体駐車場は6Fまでの内、1Fだけが使用可。屋根あり・水洗トイレあり・更衣室あり。快適な車中泊が出来ます(駐車代500円要)。
午前5時、駐車場から出て西黒尾根に向かいます。途中の登山指導センターにもトイレ&休憩所があるのが嬉しいのも束の間、登山口からは急な登りの連続で、喘ぎながら進んで行きます。ようやく樹林帯を抜けると、対岸にロープウェイ山頂の天神平。アルペンチックな良い景色を拝めたのは良いのですが、ここからが大変な岩場と鎖場のオンパレード!
何度となくロッククライミングをしつつ、よぎったのは『これ、降りれるの?』と言う不安。行きは良い良い帰りは怖い…4日間の日程の1日目。怪我をするワケには行きません。下山ルート変更を考えていると、ガスがモクモク。オキノ耳に着く頃には、周りが見えない。一ノ倉岳を目指す中、帰りのルートはロープウェイ直下の田尻尾根に決定。人がまばらな尾根を、北に向かって歩きます。
有名な一ノ倉谷は多くのクライマーを死傷に至らしめてきた場なので、碑が掲げられています。『山の日が出来ましたよ』と合掌。
Date: 2016/08/20/16:15:19   [2578]



8/6 烏帽子ヶ岳(2195m)
わちこ  
案内板7からは根っこに注意しながら歩き、9からは鎖を伝いながら巨石を超えて行きます。と、最後の最後の鎖場と巨石を登り終えると、烏帽子ヶ岳の山頂へ。
この日の伊那谷は曇天の為、市街地を確認する事は出来ませんでしたが、南アルプスが一望出来ました。頂上は狭い岩場ですが、昼寝休憩には良い感じ。でも、午前中に帰宅したかったので、私は早々におさらば。
下山では10人ほどとすれ違いました。烏帽子の先の念丈岳に行く人や、駐車場から50分の小八郎岳で止める人、それぞれのペースで楽しめる山でした。
Date: 2016/08/20/15:26:45   [2577]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
ホームに戻る
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.81